「自動選択ツール」は、画像内でクリックしたポイントと同じ色のエリアを自動選択してくれるツールです。「オプションバー」で「許容値」、「アンリエイリアス」、「隣接」の設定を変更すると、自動選択する範囲が変わってきます。 自動選択ツールでしたね。 自動選択ツール使用時に気をつけたいのは、 オプションバーの隣接です。 onの場合、同じカラーを使用している隣接領域だけが選択されます。 offの場合、画像の中で同じカラーを使用しているピクセルが全て選択されます。
ツールパネルから「自動選択ツール」を選択します。 オプションパネルで、以下のオプションを設定します。 ※ ここでは例として、「新規選択」、「許容値 : 45」、「アンチエイリアス : オン」 、「隣接 : オン」に設定します。


【「隣接」:チェック無し】 「オプションバー」の「隣接」のチェックをオフにした場合のイメージです。「自動選択ツール」でクリックしたサンプリングポイントの色と同じ色(許容値の範囲内)がレイヤー内にあれば、離れた領域であっても選択されます。

クイック選択ツール 選択したい範囲をなぞるとその色やテクスチャに類似する範囲もマスクしてくれます。 大まかになぞっても自動的に背景とリスの境界線を判別して綺麗にマスク範囲を塗ることができます。 境界線調整ブラシツール