iPhone、撮影地が表示されない時の対処法(アルバム内) 写真アプリを起動し、アルバムタブを選択すると「カメラロール」「ピープル」「撮影地」「スクリーンショット」「最近削除した項目」といくつかの項目が並んでいます。 なんとこの経由地設定、一カ所しか経由地を追加できないのです! 満を持してリリースされた機能だっただけに、これはちょっと…期待はずれでした…。仕方が無いから、うなぎだけ食べて、みろく庵で肉豆腐定食ですね…。

マップアプリの代表格「Googleマップ」には、経路検索以外にも位置情報の共有や駐車位置のマーク機能、渋滞状況の確認など、非常に便利な機能が充実している。この記事では、意外と知られていない機能を含め、Googleマップを使いこなす方法を紹介する。 続いて、表示された店舗を経由地に追加してみましょう。 手順はとても簡単です。マップ上で任意の店舗を選択すると、画面下部に「経由地を追加」ボタンが表示されます。これをタップするか、一定時間が経過すると、店舗を経由地として追加できます。 地図アプリ「Google Map(グーグルマップ)」の経路案内(ルート検索)のiPhone版での使い方を解説しています。基本から応用までをわかりやすく解説してるので、ぜひ参考にしてください。

スマホのGoogleマップで設定したルート(経路)を変更することが必要になったら? Googleマップで設定したルート(経路)や経由地を変更したり、有料道路を回避してナビする方法をiPhoneとAndroidの両方で解説します。 「iPhone標準マップアプリのブックマークが消えた!」アイフォンの標準マップアプリにはブックマーク機能が付いていましたが、【iOS8】にバージョンアップされてなくなりました。その代わりに"よく使う項目"というものが追加されており、ブックマーク機能と同じように利用できます。 多くの人が カーナビとして利用したり、ストリートビューの写真を見ながら移動したり、航空写真として眺めたりといった使い方をしているかと思いますが、ほかにも便利な機能はいろいろと隠されています。 Googleマップで検索したルートは、現在地から目的地までの道のりが基本となります。ですが、経由地を含めて検索したい時もありますね。ここでは、Googleマップで検索したルートに、経由地を追加した道のりをチェックする方法をご紹介します。 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6SPlus』や『iPadmini4』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているGoogle公式地図アプリ『Googleマップ(GoogleMap)』を最新バージョンにアップデート・インストール後に、『自分の検索した経路が Googleマップのルート検索で経由地を追加する方法について説明していきます。Googleマップのナビ機能では、車や徒歩などで目的地に行く際に経由地を設定することができます。どこかに立ち寄る時に便利な機能があるので説明していきます。 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6SPlus』や『iPadmini4』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているGoogle公式地図アプリ『Googleマップ(GoogleMap)』を最新バージョンにアップデート・インストール後に、『自分の検索した経路が iPhone、iPad、iPod touch、Mac でマップを使っているときに、現在地を確認できない場合や、検出結果が正しくない場合の対処法について説明します。 事業主の方で、事業拠点に関するマップ上の情報の訂正をご希望の場合は、 Maps Connect にサインイン してください。 iOS11のiPhoneでマップアプリの履歴の削除を行っても復活してしまう問題に遭遇しました。 今回はiPhoneのマップアプリの履歴削除方法と調査結果を残しておきます。 履歴削除を行ってもマップアプリを終了させて、再度マップアプリを起動するとまた履歴が復活してしまいます。 Googleマップは、AndroidとiPhoneで使える、最も優れたナビゲーションアプリの1つです。.

今まで利用できていた、Appleの標準マップが急に利用できなくなりました。 妻のiPhone、iPad miniでは利用できるので、サーバーの問題では無いようです。 航空写真は表示できるのですが、標準マップが何も表示されません。