調べものや誰かに連絡をするときに行う「ロック画面を開いて、アプリを開く」という作業。これ、iPhoneの「ウィジェット」を使えば一気に短縮できる。この記事では、ウィジェットの使い方と活用術、ウィジェットに追加しておくと便利なアプリを紹介する。 ウィジェットはロック画面には表示したくないという方も多いのではないでしょうか。実はiOSの「設定」でロック画面上のウィジェットの表示・非表示を行うことが可能です。 詳細は以下より。まずiOSの「設定」アプリを開きましょう。 そして、ロック画面に天気ウィジェットを表示するためには、使用しているiPhoneの標準「天気」アプリが位置情報に常にアクセスできる環境であること。これを行うには以下の手順をご覧ください。 先ずは、iOS 12を搭載するiPhoneの設定アプリを起動します。 ウィジェットには、News や株価など、よく使う App の情報が表示されます。ウィジェットは、「今日の表示」で確認できます。ホーム画面やロック画面で、または通知が表示されている間に、右にスワイプするだけで表示できます。 iPhoneやiPadのロック画面を右スワイプしたり、ロック中に表示した通知センターを右スワイプしたりすると、ウィジェットが縦に並んだ「今日」の画面(ウィジェット画面)が表示されます。本記事では、iPhoneのロック画面からウィジェットを消して非表示化する方法を解説。 iOS 10になり、iPhoneではロック画面を右スワイプすることでウィジェットが表示されるようになりました。 デフォルトで表示されるのは、Siriの検索候補アプリやNEWSなど比較的当たり障りのないものばかりですが、プライバシー的にやや微妙なのが「今日の予定(次の予定)」。

iPhoneのホーム画面(もしくはロック画面)を右にスワイプするとウィジェットという機能を利用することができます。このウィジェットを自分好みにカスタマイズすることで、よく使う機能をこのウィジェットに集約することができ、革命的に便利になります。 iPhoneにもウィジェット対応の時計アプリがあります。 ウィジェットアプリとは、アプリの機能をiPhoneのロック画面に表示されるタイプのアプリ のことを指します。 Androidスマートフォンでは一般的な機能ですが、iPhoneにはウィジェットタイプのアプリはそこまで多くありません。

Androidのロック画面のデザインをカスタマイズできることをご存知ですか?この記事では、ロック画面をカスタマイズするAndroidの設定方法をご説明します。そして、デザイン変更のおすすめのアプリやウィジェットをご紹介します。

iPhoneの「ロック画面を右スワイプでウィジェット表示」を無効化して非表示にする方法です。iOS 10からロック画面がけっこう変わっています。右にスワイプするとウィジェット、左にスワイプするとカメラが起動する、というのがiOS 10のロッ