高カスタマイズ性を持つ無料の WordPress テーマです。 また、多機能であるにも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みが満載されており、非常に高速に動作します。 Luxeritas Theme. amp対応させるには、テーマの設定画面を開きます。 WordPress管理画面から「Cocoon設定」を選択してください。 あとは「AMP」タブを開いて「AMP機能を有効化する」にチェックを入れて、保存ボタンを押してください。 AMP対応したWordPressテーマもあるけど。 WordPressのテーマもそうだけど、いざレイアウトを変えたい、デザインを変えたいってなった時に、自分でテーマを作っていないと編集しづらいから、結果一度もWordPressのテーマを利用したことはない(笑) 2019年05月現在、WordPressテーマ「JIN」ではAMP自動広告を利用できません。 引用:Google AdSense ワードプレス有料テーマの「JIN」では「広告管理」のメニューが用意されており、そこにGoogleアドセンスで出力されるコードを貼り付けるだけで、簡単にブログに広告を設置できます。 Luxeritas WordPress Theme は、SEO 最適化済み、レスポンシブ、 高カスタマイズ性を持つ無料の WordPress テーマです。 また、多機能であるにも関わらず、 Webページを高速に表示するための仕組みが満載されており、非常に高速に動作します。 WordPressには無料から有料までおよそ6,000を超えるテーマが存在します。ブログ・サイト作成の初心者にとっては、WordPressのテーマ選びが最大の迷いどころの一つになってしまうことも多いでしょう。今回の記事では膨大なテーマの中からとくに人気のものを目的別に紹介します。 過去にも紹介したAMP(アンプ)について。AMP(アンプ)はモバイルだけのものではありません。 AMP(アンプ)もいろいろ進化してます。AMPが開始され、WordPressのプラグインを使いAMP対応してみましたが、いつのまにかAMPもやめていました。 WordPressの管理画面でカスタマイズできる内容はなんと約 36種400項目 ! レスポンシブ、AMP対応のデザイン性の高い日本語WordPressテーマ。スマホは専用テーマ で最適化。商用サイトから個人ブログまで幅広く対応するSEO対策済みの高品位でおしゃれなテンプレートを提供 … WordPress の APM プラグインを入れる事で独自の AMP ページを生成してくれる WordPres テーマが登場していました。 Sentry というテーマです。 AMP 対応だけではなく、数々のプラグインと連携し人気記事表示、SNS ボタンなど自動で表示してくれます。 前提・実現したいこと現在lionmedia(amp対応)というテーマを使用してwordpressにてブログを運営しています。自分のブログにある記事のURLを別記事に貼ると(iframeで埋め込まれます)googlesearchconsole上のAMP欄にて「security」「margi