Windows Server 2012からはタスクマネージャーが新しくなっていて表示される情報が増えて便利になっています。こちらのスクリーンショットをご覧ください。 タスクマネージャーを開いて最初に見るのはCPUの使用率でしょうか。 サーバーの再起動を深夜に行いたい場合など、タスクスケジューラで再起動を設定することで実現できます。以下に、Windows Server 2008 R2 での設定方法を記載します。1.タスクスケジューラを起動するコントロールパネル >

Windows Server 2016やWindows Server 2012世代のサーバーOSでは、スタートメニューからサーバーマネージャーを起動可能です。画面下部にあるタスクバー左端のスタートボタン(Windows)をクリックするか、キーボードの『Windows』キーを押下して、スタートメニューを表示。 タスクスケジューラを手順通りに設定しても「タスクスケジューラが実行されない」なんてことは良くある話です。 Windows System のトラブル時には、各アプリケーションのログとあわせて最初に確認するのがイベント ビューアだと思います。Windows Server 2008 のイベント ビューアは、Windows vista から導入された新しいタイプの物が採用されています。 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で利用可能なセキュリティ イベントについて説明します。 Windowsタスクスケジューラの基本的な使い方について. Windows Server 2008におけるタスク・スケジューラの利用方法を確認しておこう。Windows Server 2003までのタスク機能はコントロール・パネルから起動して利用していた。だが,Windows Server 2008のタスク・スケジューラは,スタート・メニューの管理ツールの中から実行する。 Windowsデスクトップで,Windowsタスクバーの「サーバー マネージャ」をクリックします。 「サーバー マネージャー」画面が表示されますので,「管理」メニュー→「役割と機能の追加」をクリック … タスクマネージャー ... windows windows-server-2008-r2 windows-service — ケヴ ソース 3. 注: Windows Server 2008 で [最新の情報への更新オプション] を表示するには、サーバー マネージャー上最下部に表示される [最新の情報への更新の構成] をクリックします。