コンパイルエラーの例は、こちらのサイトに、とても詳しく載っています。 Excel VBAのコンパイルエラー[目次] この中からわたしが独断と偏見で「あるある」というものをいくつか。 修正候補: 区切り記号 … エラーvbaには、以下の3種類のエラーがあります。 コンパイルエラーコンパイルエラーは、vbaの構文が間違っている場合に発生する構文エラーです。 実行時エラー実行時エラーはプログラムの実行中に発生するエラーです。実行時エラーが発生すると ここでは、vba でエラー(例外)が発生した場合に、それを無視するサンプルを掲載しています。通常 vba でエラーが発生すると以下のようなダイアログが出力され処理が停止します。 もちろんエラーは発生させないのが一番ですが、そうも言っていられません。ここでは、エラーを回避するテクニックをご紹介します。 エラーを無視する. エラー内容VBAコンパイル時に、「変数が定義されていません。」と表示される。原因と解決方法変数の宣言を強制している時(モジュールの先頭でOption Explicit)に、変数の定義が正しくされていないと発生するエラーです。注意!一部のサイ 「コンパイルエラー」 「コンパイルエラー」とは構文規則のチェックに関するエラーです。このエラーになる場合はマクロは実行されません。つまり、実行された結果エラーになったのではなく、コンパイラが実行できるコードではないと却下したということなのです。 エクセルVBAでは、Errオブジェクトというエラーが発生したときにその情報を格納しておいてくれる便利なオブジェクトがあります。 Errオブジェクトに対するNumberプロパティでエラー番号を、Descriptionプロパティでエラーの詳細を取得することができます。 vbaは、そのようなエラー発生時の流れを制御する命令も持っています。 ... コンパイルエラー ... この宣言以降で発生したエラーをすべて無視します。エラーでプログラムが止まることはなく、引き続き次の行が実行されます。 たとえば次のコードは、ワークシート名を取得し … vbaは、おそらく次のように考えたのだと思われます。 このコードは、全体で次の3つのブロックに分割されています。 このようにブロックがネストしているコードでは、最も内側のブロックから先にコンパイル …