細胞分裂を抑制する薬の代表格が、抗がん剤です。個人差はありますが、抗がん剤の副作用による脱毛は、広範囲にわたる場合が多くみられ、 抗がん剤治療を行う患者は、帽子や医療用カツラ(ウィッグ)を用意して対応する人が多いようです。 最初は� 医師の処方箋による医療用医薬品により、副作用による 薬剤性脱毛症が多岐にわたってここ数年来急増しています。 休止期毛性のものか、成長期性のものか原因は わかりにくいので、両方をまとめて、 「脱毛(抜け毛)の副作用の報告のあった薬剤」 を記載します。 いろいろな副作用をもった薬がありますが、その中に「脱毛」の副作用をもつものもあります。せっかく病気が治っても、薄毛になってしまうのは悲しいですね。そんな薬の副作用による脱毛について解説 … 病気を治すために飲むお薬の副作用により始める抜け毛を、薬剤性脱毛症と呼びます。例えば「抗がん剤の副作用による脱毛」は、多くの方が知っていることでしょう。薬剤性脱毛症の特徴や原因となるお薬の種類、また回復するのかなどを医師が詳しく解説します。

抗がん剤の副作用による脱毛の対処法 . 薬剤性脱毛症 は薬剤を使用した副作用による 脱毛でかつては抗がん剤 抗血液凝固剤の副作用による脱毛が、問題視されていました。 薬効別に副作用報告があった 医薬品は以下の通り。 抗悪性腫瘍剤 抗血液凝固剤 インターフェロン製剤 免疫抑制剤