ネオンテトラとの混泳は? では、実際にネオンテトラと金魚が混泳したらどうなのか? 金魚が小さいうちは混泳は可能だとは思いますが基本的に混泳は避けた方がいいでしょう。 ネオンテトラは初心者にも飼いやすく、人気のある熱帯魚として有名です。安価で販売されており、性格も温厚で混泳もしやすいため、まずはネオンテトラからアクアリウムを始めてみる人も多いのではないでしょうか?さらにネオンテトラの好む水質は弱酸性~中性 ネオンテトラ; ラスボラ; プラティー; コリドラス ※あくまで小さい金魚との混泳を前提に飼いやすいことで有名な熱帯魚を選んでみました。 金魚は最大15cm〜30cmになります。ネオンテトラのサイズでは金魚から攻撃をされて捕食される可能性が非常に高いです。金魚との混泳は難しいでしょう。 金魚×ネオンテトラの混泳. 金魚との混泳におすすめな熱帯魚の種類. キラキラとまるでネオンのような輝きを放っているネオンテトラは、とても穏やかな熱帯魚でさまざまな種類と混泳することができます。しかしいざ他の生き物と同じ水槽で飼育するとなると、どんな生き物や魚との混泳がokなのか悩んでしまう人が多いようです。 金魚はネオンテトラと混泳飼育することができません。金魚は中型魚にあたるほど大きくなり、平均で20cmを超えてきます。そうなるとネオンテトラを食べてしまうので、混泳はやめておきましょう。 ネオンテトラもアカヒレと同様に体が小さいため、金魚の大きさが10cm以下であれば混泳することが出来ます。 それ以降は金魚の力強い泳ぎにストレスを感じてしまいます。 ネオンテトラの飼育を始めると、次第に他の魚と混泳させたくなる人が多いと思います。賑やかな水槽は見ていて楽しいですよね。しかし、混泳をさせる相手を間違えてしまうと、最悪の場合は水槽のバランスが崩壊してしまうこともあります。そうならないためにも