現役薬剤師の私が言いたいことは一つだけ. これからは薬剤師給料減りますよ、多分。 現在薬学部にいる人には耳が痛い話だと主ます。 薬剤師のほとんどは私立大学に6年通い、卒業時に1000万の借金がある人もいるから、すんなりと現状を受け入れられないかもしれません。 でも事実は事実。

「服薬指導」は、患者さんが安心、安全に薬を服薬するために行われます。これは、薬剤師の仕事において特に重要なものです。しかし、患者さんの理解が得られない場合、クレームなどのトラブルになることも少なくありません。 なぜ薬剤師いらないと言われてしまうのか ; について思ったことを書いてみました。 僕は現役の薬剤師なのでバイアスがかかった意見かもしれないですが、興味があれば読んでみてくださいませ。 目次 「薬剤師なんていらない」と言われてしまう理由. 僕は将来、薬剤師になりたいと考えています。けれど、薬剤師になりたい人が増えていて何年後かには薬剤師が余ると聞きました。また、機械化が進むことよって薬剤師は将来なくなる職業だという噂もあります。僕は、このまま薬剤師を目指していいのでしょうか。

この記事を読めば、「薬剤師がなくなるかどうか」という悩みは消えます。 ただ別の意味で不安が増すかな? なぜなら私が勤め始めた18年前からも「薬剤師はいらない」っていわれてました。 でも現実薬剤師は残ってますし、当時よりも業務量は増えてます。 医療や薬剤師の仕事はai化? ai(人工知能)はめざましい速度で進化を続けています。 以前はオセロや将棋といった一部のゲームなどに応用されるのみでしたが、自ら学習しながら複雑な仕事をこなすことすら可能になりました。 人間の知性に匹敵する領域まで確実に近づいています。

「薬剤師いらない」という意見には、いくつか種類があります。 なので、「薬剤師いらない」という代表的な意見に対して僕が思ったことをまとめてみました。 不要論1:薬剤師は袋に薬を詰めているだけ 「薬剤師は袋に薬を詰めているだけ」 調剤薬局で働いている薬剤師の皆さん。仕事でいろいろな不満を抱えている人も多いと思います。 そんな時、ふと叫びたくなるのは、調剤薬局の薬剤師だって、ただ薬を渡しているだけじゃなく、やることは色々あって… これでも頑張って働いてるんだあーーっ! 昨今ではaiの発展が凄まじく、将来的に多くの仕事がaiに代替可能と言われています。そんな中で薬剤師に関しても「aiで代替可能、薬剤師はいらない」と考える人もいます。では実際にはどうなのでしょう。本記事では薬剤師の将来について予想していこうと 薬剤師は将来なくなる仕事?本記事ではai(人工知能)の普及によって薬剤師の仕事がどのように変わっていくかを解説。薬剤師として進むべき方向性のヒントを得たい方はぜひご覧ください。 みなさんは彼の発言についてどう思いますか? 本当に薬剤師はいらない仕事なのでしょうか? 薬剤師をなくし規制を緩和すれば、医療はより良くなる? 私は薬剤師として飯を食ってる者です。 薬剤師は将来なくなる仕事?本記事ではai(人工知能)の普及によって薬剤師の仕事がどのように変わっていくかを解説。薬剤師として進むべき方向性のヒントを得たい方はぜひご覧ください。