グラインダーをはじめとする、物品を切断・研磨するための機械を「研削砥石」と言います。研削加工を行う際の砥石は消耗品のため、使用していると新品に取り替える必要があります。研削砥石は円盤が高速で回転するため、割れや破断による事故も多く、砥石の取

自由研削といし 特別教育: 千葉県経営者会館 (千葉県千葉市中央区千葉港4-3) 受講料 7,380円 テキスト 1,320円: 午後スタート. 研磨から切削、研削など様々な用途で使われるグラインダー。たくさんの種類が販売されており、diyでも大人気の工具です。しかし「グラインダーはどう使うのか?」「砥石はどう選べばいいのかわからない?」という方も多いのではないでしょうか。 労働安全規則第36条第1号の業務 ⇒ 安全衛生特別教育規程第2条に基づく教育. グラインダーや切断機といった電動工具が該当します。 機械研削用といしの取替え又は取替え時の試運転の業務に係る特別教育の内容 <学科> ・機械研削用研削盤、機械研削用といし、取付け具等に関する知 … 研削盤(グラインダ・サンダー等) 作業に係る労働災害防止対策 B_研削盤作業(下版)480.indd 101 2012/03/29 15:33:54 切削加工や研削、研磨作業に関わりのある技能資格も実技試験で研削砥石やグラインダーを使うものもありますので、その場合、この特別教育を修了している必要があります。 第七条 研削砥石は、次条及び第九条の規定により最高使用周速度が定められているものでなければならない。 (平形砥石等の最高使用周速度) 第八条 研削砥石のうち、平形砥石、オフセット形砥石(弾性砥石を含む。第十三条を除き、以下同じ。 研削液濃度管理用屈折計; 水溶性切削・研削油用抗菌脱臭機(オイルアタッカー) ドレッサー及びツルーイング・ドレッシング装置; 精密測定器・その他治具装置; 研削といしの安全教育(法令に基づく資格取得)及び実技講習の実施; 研削砥石の技術講習会の実施 研削加工に使用する機械によって、次のように資格が異なります。 作業状況に応じて、資格選択をされての受講をお願いいたします。 「グラインダー」、「切断機」等の電動工具 をお使いの場合は自由研削用砥石の取替え等の業務特別教育です。 結論から言えば、「研削砥石」を使う場合には講習を受ける必要があります。免許というと、自動車の免許を連想してしまいますが、こういったものとはちょっと違います。法律では「労働安全衛生法」のなかに、こうした業務に従事する人には一定時間以上の特別教育を受けさせる必要がある、との記載があります。 この資格は、どんな業務に必要でしょうか? 研削砥石(けんさくといし)とは、加工物を研磨したり切断したりする機械工具の一種です。 サンダー、グラインダーを使用する方について「といし」を交換する方に必要な資格です。 事業者は、安衛則第36条第1号に掲げる業務のうち、自由研削といしの取替え又は取替え時の試運転の業務に労働者を就かせるときは、安全又は衛生のための特別な教育をしなければならないことが義務付けられています。