がんの犬の食事を考える上で最も大切にしたいことは、「犬が喜ぶ」食事を作ることです。がんの進行を遅らせる、免疫力をあげる食材選びはとても大切なのですが、犬が喜んで食べないことには「続ける」ことができません。 ずっと食事を放置していると、犬はいつでもごはんを食べられるものだと学習してしまい、余計にごはんを食べてくれなくなることがあります。 フードを与えるのは1日2~4回などと回数を決め、与えて20分ほど待っても食べないなら片付けてしまいましょう。 何も食べないと体力も落ち、症状悪化につながるので、少しでも食べてくれると飼い主も安心しますよね。 他にも、食事の好みや療法食を嫌う犬もいて、なかなか食べてくれないこともあるかもしれません。 犬や猫の癌は、人間同様原因のわからないものです。そのため、癌になったら仕方がない、癌になるのも仕方がないと考える飼い主さんもいるようです。 けれども、癌は食事の糖質を抑えるだけで十分予防につながる病気です。 普段は元気な愛犬がご飯を食べない、お水も飲まない状態になったら心配ですよね?特に体力のない子犬、病気で闘病中の犬や、老犬は「食べない・飲まない」という状況が続くと脱水を起こして危険な状態になってしまい 3.1 手術後の痛みでご飯が食べられない! 4 まとめ 以前勤めていた動物病院でも療法食を食べない犬はたくさんいました。 特に膵炎の犬は美味しいおやつを飼い主さんからもらっている犬が多く、入院中もなかなか食べない犬に対して一苦労でした。 2 犬が食事をしない理由は腎不全かも! 2.2 愛犬の腎臓をサポートする食事! 余命だって延ばせるかも; 3 手術後に犬がご飯を食べないのは病気なの? ご飯を食べないと、もっとおいしいものが出てくると学習している犬は、わざと食事をしなかったり残したりすることがあります。ほかにも飼い主さんの手からでないと食べない犬もいます。 繊細な犬やグルメな犬

3.2 手術後のストレスでご飯が食べられない! ご愛犬が癌(悪性腫瘍)を患っても取り組み次第でQOL(生活の質)を維持し元気食欲を保つ事はできると考えています。 実際に癌をコントロールできた例は多数あります。 本ページでは犬に発生しやすい癌、犬の癌の原因、症状、治療法、ご愛犬が癌にな 2.1 腎不全の特徴は? 食事を食べないワンちゃんの話し .