宇都宮市「こども医療費助成制度」 宇都宮市に在住の(住民票がある)中学3年生(満15歳に達する日以後の最初の3月31日)までのお子さんが、病気やけがで健康保険が適用になる診療を受けた場合の医療費の自己負担を市が助成する制度です。 子供はよく熱を出したり、風邪をひいたりしますよね。そんなとき、病院で医療費を負担せずに済むのは、自治体の「子ども医療費助成制度」のおかげです。当たり前のように利用している制度ですが、その詳しい仕組みや内容を知らない人も多いと思います。 お子さんが健康保険を使って医療機関(病院や調剤薬局など)にかかったときの医療費や補装具(眼鏡など)をつくったときの費用の自己負担分を助成します(小中学生は一部自己負担あり)。助成を受けるには、まず子ども医療費受給資格証の交付申請が必要です。 十和田市では、お子様の医療費の一部負担金(保険適用分)に係る費用を給付することで、子どもの保健及び出生育児環境の向上を目的に「子ども医療費給付事業」を行っています。 子どもの医療費助成 ここで紹介しているのは、原則として2019度の制度内容です。 情報は各自治体へのアンケートをもとに作成していますが、一部、各自治体のホームページ等に基づき、不動産ジャパンが編集・転載したものを含みます。 このページでは主な東京都医療費助成制度の申請窓口及び都における問い合わせ窓口を紹介します。 日野市・多摩市・稲城市における申請先につきましては、それぞれ添付ファイルにて表示いたしましたので、参照ください。 「子どもは風の子」と言いますが、いつも元気というわけではありません。我が家の3人とも、もっぱら気候変動には弱くゼコゼコとしています。「子どもは宝」「命は大事」であることに異論はないと思います。しかし、同じ東京都内でも23区と多摩地域では大きな格差が存在しています。