このUSBメモリーの容量も32GBあたりが平均値になり、価格も消費者の味方になり簡単便利の粋を行く存在です。 iphoneの場合. 今回は「usbメモリーの選びかた」です。 パソコンのusbポートに挿すだけで書類や音楽、ビデオ、写真など、 あらゆるデータを保存できる、とても便利なusbメモリー。 半導体にデータを記録するため振動や衝撃に強いうえ、 iPadを使いだした高齢の義母がiPadで撮影した写真をプリントしたいということで、iPhone・iPadに接続して写真などを保存できるUSBメモリを購入してみたところ、とても簡単で便利だったので、iPhone・iPad対応のおすすめのUSBメモリと使い方をご紹介したいと思います。 写真や動画、音楽などのちょっとしたデータを持ち運ぶ際に便利なusbメモリ。手のひらサイズのコンパクトサイズなので、どこにでも手軽に快適に持ち運ぶことができます。今回は、usbの選び方とともに、おすすめのusbメモリを容量別でご紹介します。 パソコンからUSBへ写真の取り込みについてです。Windows10のアプリ「フォト」に、iPhoneの写真を取り込みました。その写真をUSB(Transcend USBメモリ16GB USB 3.0 )に取り込みたいのですが、方法がわかりません…。教えていただけたら幸いです。※最終的に、iPhone5sの写真をUSBに保存することが、目的です。 デジタルカメラで撮った画像はどうやって保存していますか?usbメモリやsdカードなどに保存してあるから大丈夫という方もいますよね。しかし…sdカードなどのフラッシュメモリには寿命があるのをご存 … usbメモリやsdカード、dvdに保存する方法はコンパクトで場所をとらないというメリットがある代わりに故障のリスクが高く写真が消えてしまうリスクがあります。 最新のusbメモリーは小型&大容量化が進行し、指先サイズで数十gbの製品もあります。そんなusbメモリーのトレンド情報のほか、スライド式、回転式などのタイプ・形状による違いを解説。さらに、保存可能な容量、転送速度など、usbメモリーを選ぶ際に重要なスペックも紹介しています。