個人事業主と法人、いったいなにが違うのでしょうか? フリーランスと社長という響きの違い? いえいえ、それだけではありません。 同じ儲けでも所得や税額、保険料などが大きく変わってくるのです。 法人成りシミュレーション. 個人事業主のかんたん税金計算. 言うまでもなく、法人事業にしたほうが「税金」という名で「あなたの儲けを政府から搾取される率」は低くなります。 (→ 具体的にはどうなるの? 法人事業・個人事業の節税シミュレーション) 個人事業と法人事業の税率の差は下記の通りです。 役員報酬の金額をいくらに設定すれば個人と法人の合計での手取り金額が多くなるのか?今回は、社会保険(健康保険・厚生年金)に加入しているものとしてシミュレーションしてみました。 個人事業主が支払う主な税金として、消費税、所得税、住民税、事業税の4つがあります。今回は個人事業主が正しく理解しておくべき4つの税金について、計算方法や納付期限、控除額など、基本的なポイントをまとめました。 個人事業主が良いのか、法人として会社を設立した方が良いのか迷っている方も多いと思います。 大きな違いは税金の額です。法人にした方が税金の額が少なくなる場合もあります。 この税金計算シミュレーションで概算の税金額をチェックしてみましょう。 青色申告の場合と白色申告の場合をくらべて、どれだけ節税できるかシミュレーションしてみましょう!売上と経費を入力するだけで、かんたんに所得税・住民税・国民健康保険料(税)が計算できます。 税金の総額が40万円ほど安くなりました。実は、法人と個人に所得を分散することで、低い税率の適用範囲を広げることによって、税金を安くすることができるのです。 ところが、実は、この計算は正しくありません。もうひとつ重要なルールがあるのです。