【税務相談】損害賠償金の損金算入時期について目次1 【税務相談】損害賠償金の損金算入時期について1.1 【質問内容】1.2 【Point】1.3 【回答】 【質問内容】 当社は取引先の会社から500万円の損害補償 … 損金不算入であるために臨時の賞与が出せなかった企業が減る可能性もありそうだ。好業績の企業の役員にとっては期待大と言える。 また、相続人が個人事業者の事業用資産を引き継いだ場合に、相続税の負担が軽減される制度の創設も要望されている。 法人税・住民税は 損金(経費)に算入できない税金なのに、上記の仕訳を行うことで、当期の費用(経費)に含まれてしまっています 。 よって、 税務申告書(別表4)では法人税・住民税及び事業税を差し戻す調整(加算)をしなければなりません。 損金算入できる時期; 申告納税方式: 事業税、事業所税等: 申告書の提出された日の属する事業年度: 賦課決定方式: 固定資産税、不動産取得税: 賦課決定(通知)のあった日の属する事業年度: その他: 利子税、延滞税(注2) 納付した日の属する事業年度 スキルを活かして在宅でテレアポ!時間や場所を選ばない新しいワークスタイルを応援する、主婦向け在宅ワーク(内職)の支援サービスなら[ママワークス mama works]豊富な求人情報の中から高時給・未経験OK・日払いなどあなたの希望の条件で簡単に検索が可能です! 会社を経営している方や個人事業主の方、または個人事業主を目指している方が、絶対に避けては通れないことの一つと言えば、法人税や所得税、消費税などの「税金」に関することですよね。 なかでも個人事業主の方の場合、自分一人ですべての業務を行わなければなりません。経理に関す� 個人事業税は、所得税、消費税、住民税と同じく、個人事業主が納める税金です。経費として計上でき、年間売上が290万円以下なら非課税というのが特徴です。その計算方法や経費計上のしかた、さらに納税義務がない業種についても解説します。 消費税を含めて経理する税込経理方式では納付する消費税を必要経費に算入できますいつ必要経費に算入すればよいのでしょうか税込経理方式とは所得税の計算に当たり、個人事業者が行う取引の消費税の経理処理は、税込経理方式又は税抜経理方式のいずれを採用し 事業税(じぎょうぜい)は、地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に基づき、法人の行う事業及び個人の行う一定の事業に対して、その事業の事務所又は事業所の所在する道府県が課す税金である。.

法人税・住民税は 損金(経費)に算入できない税金なのに、上記の仕訳を行うことで、当期の費用(経費)に含まれてしまっています 。 よって、 税務申告書(別表4)では法人税・住民税及び事業税を差し戻す調整(加算)をしなければなりません。