宇宙システム工学科では、宇宙システムに限らず、さまざまな分野における複雑な工学システムの創生、研究開発、製造、運用を担える高度技術者・研究者の養成を目指しています。 宇宙システム工学科 電気電子工学科 応用化学科 マテリアル工学科 平成29年度までの入学生対象の学科 教育方針 シラバス カリキュラム 取得できる免許・資格一覧 卒業後の進路 情報工学部 情報工学部の紹介 知能情報工学科(新) 情報・通信工学科

宇宙環境技術ラボラトリーへようこそ! イントロダクション. 赤星 保浩 教授. 人工衛星、惑星探査機、宇宙ステーションといった宇宙システムには、宇宙プラズマ、超高速微粒子、放射線、紫外線、原子状酸素、真空、熱サイクルといった地上用システムでは想定しない極限環境への耐性が求められます。 所属: 宇宙システム工学研究系 研究内容: 宇宙ごみによる人工衛星への超高速衝突問題、地球近傍天体の地球衝突の回避策の検討、ジェットエンジンファンケースの軽量化 〒819-0395 福岡市西区元岡744番地 九州大学大学院工学研究院航空宇宙工学部門 tel (092)802-3000 fax (092)802-3001 または

平成30年4月、九州工業大学に日本で初の宇宙システム工学科が誕生しました。 宇宙システム工学科では、宇宙システムに限らず、様々な分野における複雑な工学システムの創生、研究開発、製造、運用を 担える高度技術者・研究者の養成を目指しています。 学科概要 学科の特徴.