ヴェルファイアの一部でCVT強度不足により走行中、急にクラッチが作動不良になり、アクセルをベタ踏みしても速度が50から60km/hしか出なくなる現象が発生しました。 自動車専用道路走行中レーンチェンジ時で80km/h のヴェルファイアに限定されます。 対象フレームナンバーも掲載されているので、自分のヴェルファイアが対象かどうかは車検証にて確認してください。 つまり、ヴェルファイア平成25〜27年の特別仕様車以降や、「v6」3.5lエンジンは 保証対象外 となります。 150万ぐらいの価格帯でも 距離10万㎞前後という状況ですが. 初代 20ヴェルファイア! 人気の20ヴェルファイアだけに 中古車相場をチェックしてみても. ヴェルファイアの初期トラブルで結構多いのが、リヤブレーキパッドの異常摩耗です。 これはリヤディスクブレーキが引きずる傾向があり、それによってブレーキをかけていない走行中でもブレーキパッドがブレーキローターに接してしまうことからどんどん減っていってしまうというものです。 しかし2代目アルファードに搭載された2.4l 直4エンジンである2az-feエンジンには固有のトラブルがあり、特定の運転条件を続けるとエンジンオイル消費が激しくなる不具合が発生し、最悪オイル切れでエンジンの焼き付きなどエンジン全体が破損するトラブルに繋がります。 というトラブルが発生しやすい 状況にあります。 h20年4月~22年11月 の 期間に製造されたヴェルファイアは. そこで気になってくるのは 20ヴェルファイアの中古を買った後に 故障や不具合がでないかということ。

このエンジンオイル減少という 症状が発生しやすい状況です。 どうやらエンブレ時に負圧によって エンジンオイルが燃焼室まで 吸い上げられてしまい.