プロのパワーポイント資料作成マニュアル」第73回目は、成功する研究発表資料の作り方【作成編②】のご紹介です。 成功する研究発表資料の作り方シリーズでは、聴衆者に対し、研究の価値を伝えられる研究発表資料とはどのようなものか? PowerPointのアニメーションで、スライド内の図形や文字、グラフなどに動く演出を加えることができます!動きを加えることで聞き手をひきつけたり、自分の説明のタイミングに合わせて、後から肝心な部分を動かして登場させることでネタバレを防止するなど、様々な演出ができます。

心を動かすプレゼンテーション術 ~発表編~ 説得力のあるプレゼンテーションスキルを身につける CHAPTER 1 プレゼンテーション発表に関する意識調査 日立ソリューションズのビジネスコラムの『知って楽しむオトナのたしなみ』をご紹介。

パワーポイントでのプレゼンは、ビジネスで欠かせません。社内の発表会や、お客さまとの打ち合わせ、大衆でのプレゼンテーションなど多くのビジネスシーンで、パワーポイントを使ってプレゼン資料を作成し、そして話を進めていきます。 パワーポイントのノート機能とは、「このスライドの時にはこの話を」という風に、絶対に忘れたくないことや強調ポイントなどをメモしたり、補足などを書き込める、いわば「台本」を作る機能のこと。これを作っておけば、緊張で頭が真っ白になっても大丈夫! オーバーレイは、パワーポイントの半透明機能を利用して、下層の要素を活かしながら、その上に別の異なる要素を配置するテクニックです。とはいえ、透明にし過ぎれば、今度は重ねた要素の文字が目立たなくなってしまいます。 透過性の目安は「10〜20% 心を動かすプレゼンテーション術 ~資料作成編~ 説得力のあるプレゼンテーションスキルを身につける CHAPTER 4 効果的なプレゼンテーション資料を作る~図&グラフ、アニメーション編 日立ソリューションズのビジネスコラムの『知って楽しむオトナのたしなみ』をご紹介。 「資料作成スピードを10倍にする!プロのパワーポイント資料作成マニュアル」第13回目は、第3回目にご説明した「本文のレイアウトの統一化」を図りながら、実際にパワーポイント資料の本文を作成する方法を解説していきます。 パワーポイントには、便利なキーボードショートカットがたくさん用意されています。知っておくと作業の効率を上げることができ、ストレスなくスライド作成を行うことができます。 ここでは僕がよく使うショートカットを、使う順にランキング形式でご紹介したいと思います。