トマトのコンパニオンプランツ. 優雅で豊かな香りがすることから、人気のラベンダー。強壮や鎮静、体の不調を整える効果が期待できることから、はるか昔は薬用植物として使われていました。現代においても、お茶に仕立てられたり、芳香剤や入浴剤、石けんに使われたりと、身近な植物のひとつとなっています。 そこでベランダで育てやすい野菜と相性の良いハーブの組み合わせをピックアップしてみました。 ミニトマトとの相性 バジル. 夏野菜の定番である トマトやナスは、どちらもナス科 に属し、病気や害虫も共通することが多いので、 この2つは近くに植えない方がよいのですが、 ナス科とマリーゴールドとの相性は抜群 です。 最近、家の前の畑のミニトマトとホーリーバジルが元気にぐんぐんと育っています。これは、寄せ植えの効果なんじゃないかと調べてみたところ、やはりトマトとバジルの相性はいいとのこと。コンパニオンプランツとは何か?トマトとバジルはなぜ相性がいいのか? 6月:トマトとハーブ 相性いいね! ミニトマトとハーブを鉢に寄せ植えしてみましょう。 ハーブとミニトマトは互いの成長を助け、一緒に植えるとミニトマトの風味が良くなります。 今年の春からベランダでプランター栽培を始めました。出来るだけ色々な種類の野菜を育てたいと、ひとつのプランター(65x23cmくらい)で2~3種類の野菜を植えています。その内、パプリカとトマト(大)を一緒に30cm間隔で植えて

バジルの香りがトマトの害虫を遠ざける。 トマトはバジルと一緒に植えると甘さが増してより美味しくなる。

ハーブを寄せ植えする時に相性やいいおすすめの組み合わせはあるのでしょうか?プランターで育てるのはよくないと聞きますが実際どうなのか?もしプランターで育てるならどういった方法があるのか?注意点などをまとめたのでぜひご覧ください。 こんにちは、GreenSnap編集部です♫ 最近は休日もおうちで過ごすことが多くなりましたよね。家庭菜園を始めてみた!なんて方も多いと思いますが、野菜の寄せ植えには、実は相性の良し悪しがあるんで …