私のノートパソコンですが、テンキー付きのPCに乗り換えました。 しかし、便利になった反面、とてもイラつくことが。。。 今までの慣れていたタイピングで操作すると、すぐにNumLockキーを押してしまう。 気がつけば、テンキーを打っても入力されない。 無効化する方法は、機種によって異なりますが、以上のいずれかの方法で無効化できます。 できればショートカットキーかbiosから無効化にしたいところですが、機種によってはそもそもキーボードの切り替え機能がない場合もあります。 ノートパソコンは、「画面とキーボードの一体化」がひとつのメリットといえるでしょう。ただし、キーボードを無効化する方法を知っておけば、一時的に無効化したり、外付けキーボードを使ったりと、状況に合わせた使い方ができるようになります。 使い慣れたノートパソコンですが、長年使っているとキーボードが不調ということも出てきます。また、以前と比べて配列が違ったり、キーの大きさが違うと打ち間違いなど不便を感じることも。その場合はキーボードを無効化させ、外付けキーボードを取り付けてみましょう。 キーボードを交換するか、Windows簡単操作の中にあるスクリーンキーボードを使用しましょう。 insertキーが、いつから効かなくなったかわからないときは、無効化の設定をしている可能性があります。 ショートカットキーに使うこともあるWindowsキーですが、人によっては意図せずショートカットキーを実行してしまい、邪魔と感じて無効にしたいと思うこともありますよね。この記事では、Windowsキーを無効化する方法する方法をご紹介しています。

15インチ以上のノートPCのキーボードにはテンキーがついているものが多いのですが、このテンキー付キーボードが好きではない私。というのも、製品によりますが、Enterキーを押す際に、思わずテンキーを押してしまうこともしばしば。現在、とあるメー