まずはじめにカヤックフィッシングにおいては「スピニングリール」、「ベイトリール」どちらを使うかは最終的に好みになってきますが、私はスピニングのタックルを多用しています。割合でいうと8(スピニング):2(ベイト)でしょうか。とはいえ、海ではベ タイラバをスピニングリールで楽しもう! ... 大阪在住で最近はカヤックフィッシングにはまっています。また、乗合船にも乗りタチウオ・タコ・タイラバ・タイサビキや青物の飲ませ釣りなど関西で出来る釣りは何でも挑戦しています! 注文から受け取りまでの購入記に続いて、今回はバイキングカヤック「忍」をみていきます。 フィッシングカヤック「忍」の細部をチェック。 実際にこれに乗って海に出てはいませんので、そういったレビューは追々していきたいと思います。 カヤックフィッシングで使用するロッドはどんなものが良いのか。結論は自分が気に入ったものが良いとなりますが、カヤックフィシング初心者の方に陸っぱりの釣りと違ってこんなことがありますよというのをお話したいと思います。ロッドの長さカヤック上は狭く スピニングリールやベイドキャスティングリールなどに対応するロッドホルダー。フィッシング時に仮置きする場合に便利です。差し込み型と違い、ロッドハンドルを持ち上げて取り外せるため、主にパドラーより前方への取り付けをおすすめしています。 リールの番手で迷われる方は多いのでは?と思うのですが、シマノのリールでしたらカヤックフィッシングは「c5000番」、ライトショアジギング〜シーバスまでの幅広い汎用性を持たすのであれば「c3000番」で選んでもらえれば間違いないと思います。 カヤックフィッシングにおけるベイトリール エクスセンスdcというリール まず、最初に書いておきますが、私はシマノのリールが大好きなので、紹介していくリールはスピニング、ベイト共全て「shimano」となりますのでご了承ください。 カヤックフィッシングで水没して巻き心地が悪くなった場合も買い替えやすく実用に耐えるオススメリールです。ダブルハンドルなのでエギングもマイクロジギングもしやすいです。0.6号~0.8号のPEを巻いて使っています。