温かい季節になってくると、制汗剤を使用する方が増えてきます。制汗剤の中には、汗の分泌を抑えるもの、においをおさえるもの、パウダー入りでサラッとした肌触りになるものなど様々な種類がありま … 洗濯しても残る汗じみによる黄ばみ。襟や脇、袖にシミが蓄積してキレイにならないものは「捨てるしかないかも…」と思ってしまいますね。 ここでは汗じみによるガンコな黄ばみの簡単な落とし方をご紹介します。子供や旦那さんの服に残る汚れを真っ白に戻してみましょう。 ワイシャツの黄ばみや黒ずみができやすいのは、襟や脇、袖先の部分。着用後は、とくにこの部分を重点的に洗うようにするのがポイント。 黄ばみと黒ずみでは落とし方が異なりますので、それぞれの方法をチェックしましょう。 脇の下だけが黒ずんでいきます。漂白しても、少し薄くなる程度です。きれいに白に汚れを落とす方法を教えて下さい。洗面器に食酢を大さじ3杯と水入れて30分放置その後、ゴシゴシしてから普通に洗濯機 … エアリズムは薄いので折りたたむとかなりコンパクトになるのでカバンに入れてもそれほど荷物になりません。 汗を吸ったインナーを入れる小さなビニール袋もあるといいですよ。 背中の汗黄ばみの予防ではゆったりサイズのシャツを選ぶ

ユニクロのインナーといえば冬はヒートテック、そして夏はエアリズムではないでしょうか? エアリズムはcmも放送されているユニクロを代表する商品ですが、臭いという口コミが多いのは知っていますか? 汗の嫌なニオイを抑える効果が・・・ 世のサラリーマンの必需品、ワイシャツはどうしても普通の洗濯では落ちない襟の黒ずみや脇の黄ばみが発生しがち。でも慌てず対処して今後も汚れの対策・予防をしていけばまだまだ清潔なカッターシャツとして長く着ることができます。もちろん家庭でも簡単にチャレンジできます。 私はとにかく脇の汗シミが気になるので、鉄壁の汗脇パッドがついているサラリストが手放せないのですが、暑がりの主人は昨年から日中も夜寝るときも24時間エアリズムで「気持ちいい」と言っています。 猛暑に欠かせないファッションアイテムといえば「冷感インナー」!無印良品、しまむら、ユニクロ、ワークマンなど、様々なメーカーが技術をこらした商品を発売しており、選択肢には事欠きません。一方、通気性や速乾性といった機能は、外見からはなかなか判断しづらいものです。 重層を黄ばみがひどい脇の部分にかけてもみこみます。 40~50度のお湯に酸素系漂白剤を入れて黄ばんだ衣類を浸します。 そのまま一晩浸けこみます。 翌朝浸した液ごと洗濯機に入れて洗濯洗剤を入れて通常通り洗濯します。 ユニクロ ユニクロ エアリズム 汗取りキャミソールがどれだけ汗ジミを防いでくれるのかを実験で検証しています。背中の汗やワキ汗への効果、全体的な汗の量に変化はあるか、など、図入りでまとめました。