ホラー映画『悪魔の棲む家』の元ネタとしても知られる『アミティヴィル事件』を始め、多くの心霊事件を調査解明してきた米国に実在する著名な心霊研究家のウォーレン夫妻が「これまで調査してきた中で最も邪悪で恐ろしい事例」と封印してきた、1971年の事件を描いたホラー映画。

「死霊館」「死霊館 エンフィールド事件」ではエド・ウォーレンをパトリック・ウィルソンが演じ、ロレイン・ウォーレンをヴェラ・ファーミガが演じています。 また、「アナベル 死霊館の人形」「アナベル 死霊人形の誕生」は「死霊館」のスピンオフ映画ですが、題材となる「アナベル人� 惜しげもなく現実に存在する怖さを知らしめた前作『死霊館』の続編『死霊館 エンフィールド事件』。 大人気シリーズ「死霊館」の第2作『死霊館 エンフィールド事件』を紹介していきます。 映画『死霊館 エンフィールド事件』の作品情報 (c)2016 warner bros. 死霊館・エンフィールド事件は実話を元にした映画だ。通常実話が元になっている映画は脚色がされているものが常であるが、この映画の特徴はポルターガイスト現象において大げさに書いた部分はほなく、死霊館シリーズは実際に起きた現象を単純に映像化したものなのだ。 『死霊館 エンフィールド事件 』 ... アメリカ ロングアイランドで暮らす何とかの子沢山ペロン一家を恐怖に落とし入れた”アミティヴィル事件”解決後、エドとロレインはテレビで取り上げられすっかりマスコミの寵児に。 しかし逆に懐疑的な人々からインチキ呼ばわりもされ、二人はしばら